中古車と新車の車検を比べると様々な違いがあります。まず一つ目に違うのは、車検を受けるタイミングです。新車の場合、購入してから3年目に第一回目を受けることになります。それに対して中古車は2年ごとに受けなければなりません。もちろん新車でクルマを購入した場合でも、2回目以降は2年ごとになります。つまり、最初の1回目だけ3年目で良いということです。これは新車から3年目まではクルマに大きな不具合が生じる恐れが少ないからです。新車はメーカー補償を考えても3年目までであればすべての部品や機関がメーカー補償の対象となっています。つまり、メーカーでも故障はしないという自信があるわけです。ただし、3年以内の新車でも走行距離が極端に多いクルマの場合は別です。

費用の面でも大きな違いがでてくる

新車と中古車のわずか1年の差ですが、この差は決して小さくはありません。車検まで3年目あると、本当に時間的なゆとりを感じますが、2年ごとだと追われるような感覚になります。また費用の点でも違いが生まれます。1回目の場合はほとんど故障の心配や部品交換の心配はありません。交換するものといえば、ブレーキオイルやエンジンの冷却水くらいとなります。ところが、2年目以降になると、急に交換部品や不具合が出てくるようになります。たとえば、ブレーキパッドが残りわずかとなり交換が必要となったり、タイヤなども溝がすり減って交換になったり、バッテリーもそろそろ寿命です。これらすべてを交換することになると、費用は急激に高くなります。通常は2回目あるいは3回目に交換部品が増えます。

かなりお得な上に安心感もプラスされて

ところで、中古車を購入する場合、車検がついているクルマとついていないクルマがあります。どちらがお得なのかというと、当然ついている方がお得です。なぜなら、まず自動車重量税や自賠責保険料などを前所有者が払ってくれているからです。二つ目に、購入費用における諸費用の部分を大幅に安く抑えることができるからです。車両価格のほかに、整備点検費用や部品交換代、自動車受領税、自賠責保険料などが追加されると、購入価格は車両価格や消費税などのほかに、プラス20万円前後を見込んでおかなければならなくなります。さらに、整備点検を受けているという安心感があります。整備手帳がきちんと残されていると、整備点検ではどのような部品交換があったかなどをチェックすることができ安心です。